FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015グループ猟4(3本脚の鹿に思うこと)

3本脚

天皇誕生日。なんとなく気が引けるが出猟。

総勢5名と少な目。やはり天皇誕生日だからか?(考えすぎ・・)

大場所2か所がまさかの「空っぽ」。さて困ったもんだ。困ったときの「集合場所の真上」。

立つ人数が少ないので厳選した場所にそれぞれが入った。

犬を入れてすぐに鳴きが入った。

親方無線「鳴きながら上がって行くぞ!ん?やや北に振れながら行くぞ!」

一番上の立つに入った自分のところに来るのはまだ先だな。と「のほほん」としていると何やら下方の藪が「がさがさ」。

どうも犬が追っているのとは別物が下の騒ぎで起きたようだ。

藪のなかでチラチラ見えるのは間違いなく鹿だ。息を殺して身動きせず待ち構える。

少しずつ登ってはくるが北側の深い藪に姿を消した。

自分無線「一頭登ってきたけど、北に向いたよ。北の立つ気を付けて!」

暫しの後、犬の声が北側から聞こえてきた。すると先ほど北へ消え去った鹿が再び現れた。

距離はあったがスコープの十字を首あたりに合わせ発砲。コロンと潰れた。

自分無線「雌一頭が北から出てきて、いただいたよ。」

どうも犬が追ってきたものは北の立つ間を切られてしまったようだ。

親方から立つ上がりの無線が入り、回収に向かう。

遠目では分らなかったが後足の一本が途中から無くなっている。くくり罠から逃れた鹿のようだ。

罠を始めたころ、あまり上手に掛けられず、大物に前足の先だけ置いていかれたのを思い出す。

とても複雑な思いが駆け巡ったが無線で車の回収を依頼し、内臓抜きに取り掛かる。

本日の猟果は結局この一頭。お肉は鹿ジャーキーの注文が溜まっている猟友に総て渡した。

銃猟が始まり、今現在は総ての罠は引き上げている状況。次年度に行政からの依頼が入れば再度掛けることになるだろう。

今回の3本脚の鹿を見て狩りをするものとし、大いに反省するべきと強く感じた。

欠損している部分や個体の大きさから察すると、くくり罠に掛かって少なくとも数日が経過してたであろうと思われる。

罠を掛けたのであれば「毎日見回り」が原則だ。

一頭数千円の報奨金目当てで、やたらめたら数だけ掛け見回りが疎かになると、今回のような鹿が増える。

数を減らすことの必要性は理解できる。でも傷付いた鹿を増やすことでは間違いなく、無いはず。

師走も後半となり、3本脚の鹿を仕留め、色々考えさせられました。
スポンサーサイト

2015グループ猟3

岩礁

解禁から3週間。当然週末は出猟!ところで「ふと」思ったことが・・・。

「解禁して一発も撃ってないじゃん!俺!」(爆)

まあ、立つ場の問題もあるし、獲物が回るタイミングもある。それは仕方がないこと。

仕方がないが、いい加減撃ちたい。「今日は撃ったるで~!!」と意気込んで立ってはみたが獲物とそれに付いた犬があらぬ方向へ。

親方から犬探しの指示が入り立つを外して林道を下り道南に入り込んだ。すると道北から何やら「がさごそがさごそ」。

動きをとめて音の方向へ集中すると、なんと道を越えて南に3頭の鹿が入ってきた。

距離は80mほどか、熊笹が深くて見えずらいが先頭の鹿目掛けて発砲。「ん??あたったか??」。

暫くの静寂の後、矢先を確認しようと近づいていくと熊笹のなかから自分目掛けて違う一頭が飛び出してきた。

首の辺りに十字を合わせ発砲&即倒。最初に発砲した鹿は脊髄を撃ち抜かれ、後ろ脚が動かない模様。

それでも前脚のみで逃げようとしている。速攻で十字を首に合わせて留矢を入れる。

無線で回収をお願いし、更に犬探しの旅へ。(笑)二時間歩きました。稜線にたどり付いた頃に無線連絡。

親方「さっきモノをつぶしたところに、犬が出てきたよ。下ってきていいよ♡」。

自分「・・・り、、、了解で~す。ヘロヘロ

更に1時間掛けて下っていくとすでに大バラし(後足・前足・背ロースに分ける)が終了してました。

自分「しゃ、、、写真撮ってないのに~」。

というわけで画像は愛用している長靴「ミツウマ岩礁80」。8年近く使っているのでピンもすり減り、若干水漏れも。

そろそろ新品に交換しなくちゃ。(薪ストーブで乾燥中)

本日の獲物は自分が獲った雄鹿1頭と雌鹿1頭・合計2頭。初撃ちで上等、上等。

グループ猟2(おまけ)

解体

ラッキー君の獲った雄鹿2頭。犬探しの時間を利用して「大バラし」(皮剥ぎ・背ロース・前脚・後足にわける)は現場で終了。

通常は親方宅に丸のまま持ち込んで「大バラし」→「骨外し」→「人数分に分ける」という行程を踏む。

自分たちクラスの担当は皮剥きから「大バラし」まで。その先は長老様クラスの担当。

なぜなら、「不公平に肉が分けられても誰も文句が言えない!」(笑)

そんな状況が昔から継続されている。(らしい)

いつの日か自分たちクラスも以降の行程を担当するときが来るのだろう。

なので継続するためにも、もっともっと、若いハンターをリクルートしなくては。

2015グループ猟2

雄鹿君

信じられない位に暖かな11月。だったが今日は平年並みらしい。

「立つの辛いな~、日なたに居たいな~」と思っていたのを見透かされたか、

親方「じゃあ、今日はあそこの立つに入って!」と。

「あそこ」とは川を越えて更に急斜面を昇った日陰の高台。それぞれの「立つ」が切られた(逃げられた)場合、最終的にここに掛かる場所。

了解しました~(涙)。皆がそれぞれの立つに入るのを待って川を越える。すると銃声が3発。

「あれれれ?まだ犬入れてないのに??」

銃声主「し、、下から4,5頭登ってきました!一頭はつぶれたけど一頭は半矢で残りは下って行きました!」とのこと。

ほほ~。おそらく銃を鳴らした立つより下に立った仲間が森に入り込んだ際、それに気付いた鹿が集団で移動したと思える。

「ラッキーな奴!!」(笑)

そういえば銃声主が集合場所で「今日はかーちゃん(妻)に鹿を獲ってこい!と言われてきました」。と言ってたっけ。

「今晩はかーちゃんに褒めてもらえるね」。

そうこうしているうちに犬が放たれたが・・・先の半矢の鹿に絡んでいるようだ。止まって動かない。

自分「犬が半矢の鹿をとめてるみたいだよ。声のする方に行ってみて!」

すると銃声が一発。「ズバーン!!」。

ラッキー君「犬が半矢をとめてました!!撃って、つぶしました!!で・・・デカい雄です!!」

う・・・ラッキーが連続。(笑)こりゃカーちゃんに褒めてもらえるより、だっこしてもらえるな、今晩は。(笑)

さて、遥か彼方に犬も行ってしまい、親方から時間が掛かりそうだから獲物の回収に回ってくれの指示。

さっそく「ラッキー君」の元へ。3人掛りで引っ張りだし。川のそばで解体作業。角長70㎝弱の大物!立派立派!

解体も終了間近な頃に川向こうからガサガサ音。なんだ!鹿か?

と思ったら、行方知れずのワンちゃん2頭のうちの一頭でした。

「あれれ?おながか空いて臭いにつられたかな?」好物の「内ロース」2枚を与えて親方に無線連絡。

自分「こっちに一頭出てきましたよ。今、食事してますので」。(笑)

本日はラッキー君がつぶした雄鹿2頭。(毎回ラッキーが続くと思うなよ!)笑)
プロフィール

リーマンハンター

Author:リーマンハンター
こんにちは。「リーマンハンター」と申します。三度の飯より「夜のネオン好き♪」な都会生活から一転、田舎での生活に。どうせなら子供の頃から憧れていた「ハンターになろう!」と決意。銃砲初所持頃からの思い出や現在の「ドタバタハンターぶり」とつづります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。