FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カールトンコール

カールトンコール

先の記事でマリコ(ライフル)は単独猟で使うことを宣言。(笑)

ならば数年前に買ってほったらかしてあった、あの道具を引っ張りだそう!

カールトンコール×2種類。

ためしに吹いてみる。

「ぶっっっへぇぇぇ~っ!」

ぐ・・・ま、まったく吹けない!!!こんなに「下手」だったか・・・。更に2度目。

「ぶっっひゃ~~~ん!」

ん~まあまあ。更に数度練習。段々良くなってきたぞ!!

すると家の庭になにかの気配&鳴き声が。

「ぎゃーっん!!」

な、なんとキツネがやってきてしまいました。(笑)

こりゃ練習が足りないなぁ~。

今期は本格的に「単独コール猟」を試したいと思います。
スポンサーサイト

スコープカバー

スコープカバー

マリコ(ライフル)に設置されているスコープはツアイス。

今まで12番、20番に設置していたダットやスコープとは桁(お値段)が違う。

今までの様に「ラフ」にとてもじゃないけど「扱えない」。

どんだけ「ラフ」かというと、崖から転げ落ちたり、悪路走行で銃が飛び跳ねたり、射止めた鹿と雪山から滑り落ちたり・・・。

いや~、よく生きてるな~俺・・・。(笑)

今猟期にマリコ(ライフル)はデビューの予定ですが、実は「単独猟のみ」でまず使ってみようと考えてます。

チームでの集団猟の場合は昨年同様に20番の「ブロ子」(ブローニングなので・・)・スコープ倍率1×4倍を引き続き使用予定。

というのも、ツアイスの5×15倍では少々高倍率過ぎ・近くの獲物には不利。なのでマーチに乗せ換えるまでは単独猟を主に。

ゆる~い、ゆる~い、単独猟、とは言えツアイスに傷が付いたら泣けてしまう。

安価でしっかりしたカバーを探していたところ、アマゾンさんでちょうど良いカバーを発見。

外したときにちょいと「がさばる」かな~?という印象以外は問題なさそう!しっかりガードお願いします!!

セット完了!

セット完了

毎朝愛犬の散歩に行ってます・散歩時間は30分~40分の間。

この子が家にやってきたときに一瞬「猟犬にしてみるか!?」と思い、少々訓練めいたこともしてみました。

①かなり離れた場所で爆竹を鳴らし、徐々に近づいて鳴らしてみる。

 結果:しっぽを巻いて震える・・・こりゃ駄目だ!

②銃を目の前で構えて、「バーン!」と叫ぶ。

 結果:馬鹿にしたような目で主人を見つめる・・・こりゃ駄目だ!

③罠に掛かった鹿に近づける。

 結果:見て見ぬふりをする・・・こりゃ駄目だ!

まあ、純血の芝犬ですから、当初から猟の相棒にするつもりは無かったので良いですが。

それでも、新聞配達のオジサンやら、宅急便のお兄ちゃんやらには良く吠えます・番犬としてはまあまあです。

画像は「セット完了!」、3秒前です。(食事中の方は許して下さい)この恰好が可愛いもんで。

罠の報酬

ブロッコリー

5月の初旬、近所の農家Aさんから電話。

農家Aさん:「昨年、鹿に作物喰われたたので、罠掛けて欲しいのだけれど」というお問い合わせ。

実は、今期4月いっぴより有害駆除の許可は下りたが未だ掛けていなかった。(仕事が・・・)

まあ、お願いされたら掛けましょう!ということで農家さんの畑周辺に4発の罠を設置。

見回り&掛かったら電話もらえる&肉は半分農家Aさんへ、という条件。

すでに8月に入ったが4発の罠に「音沙汰なし」。

そして先週中旬、別の農家Bさんから電話。

農家Bさん:「うちのブロッコリー畑に鹿が出る!3日に一回は親子を見かける!喰われる前に罠掛けてほしい!」。

「了解しました!週末の土曜に掛けに行きますよ!」ということで3発の罠設置。

自宅から離れているので、見回り&電話連絡&肉は半分農家Bさんへ、という同条件にて。

設置完了後に農家Bさん宅へ 自分:「罠設置完了したよ!掛かったら連絡ちょうだいね」。

農家Bさん:「おぉ~!ありがとう!これ持って行って!」。と採りたてブロッコリー2個。

自分:「いや~、まだ掛かってないのにすみませんね~!ありがたくいただきます!!」(好物)

ついでに農家Aさんの罠見回り・・・。相変わらず「音沙汰無し!」 どうも北側に別の罠が設置されているようだ。

畑に居た農家Aさん:「いや~っ、掛からないね~、でも鹿も来ないみたいだよ」

自分:「道北に別の罠があるみたい・足跡無いもんね~、でも一応、罠は引き続き設置しておくので!」

農家Bさん:「了解、了解、ちょっとこれ持って行って。出荷できないやつだけど」

段ボール一杯にもらったのは「撥ねたブロッコリー」その数、約15個。

自分:「・・・あ、ありがとうございます!ブロッコリー大好きなんですよ!いや~助かります!ただちょっと多いので、近所にも配ばらせてもらますね!!」

自宅に戻りがてら、農家さんではない(リーマン)お宅を回りいただいたブロッコリーを配る。

この時期の農家さんは揃ってブロッコリーを出荷。大変おいしく、ありがたいのですが、とてもその数は食べきれません。

ご近所にもお裾分けです・皆(リーマン宅)喜んでいました。そしてそのお味は最高です!!(茹でてマヨネーズ)

ブラインドカバー

ブラインドカバー

マリコ(ライフル)は嫁に来たけど装備品をボチボチ揃えなくては。

今回は「銃カバー」・以前より気になっていたのが「TAGAMIブラインドカバー」。

このカバーの最も特徴的な機能が「カバーを総て外さなくても撃てる!」と言うこと。

早速到着したてのカバーをマリコ(ライフル)に被せてみる。

な~るほど!銃口とスコープ&引金&グリップ付近がマジックテープで部分的に「はがれる」訳ね。

これなら「とっさ」に対応できる!という優れもの。

ただ、今までの経験から「とっさ」の場面はあるものの、弾の装填やら考えると、そんなにはこの機能は使わないかも。

まあ、以前から「気にはなっていた」ので少々お高かったけど購入してみました。

合わせて30口径のお掃除道具の「ボアスネーク」とガンオイルも購入。さて!いつ撃ちに行けるのか!?(爆)

熊ネタ・・その2

ツキノワグマ

先の「熊檻」に続いて「熊ネタ」を。以前の記事「熊!?(7年ほど前の話)」で射止めた熊の画像が出て参りました。

2014年8月22日の記事でしたので、+2年で、9年ほど前の画像ということに…。

時の流れは恐ろしいもので久々見た画像に・・「俺って若けぇ~!!」(笑)

未だに深山から「ひいひい」言いながら引き出してきたことを思い出す。

以前の記事でも書きましたがお肉は参加の皆で分けられて自分は「熊鍋」で食べました。

あまりに脂が多く、脂が溶け出す前に食した肉のお味は、また格別だったと記憶してます。

チームで射止めた熊は今のところ、これが最後の熊です。

その間に2度の接触がチームとしてありましたが1頭は撃ち損じ(かすりもしなかったよう)、1頭はビビッて撃てなかったよう。

我がチームは比較的「温厚」な方が多いのですが、この「ビビッて撃てなかった」に関しては・・・。

「何で撃たない!なにやってんだ!鉄砲撃ちじゃないな!良い歳こいて!このトンチキ!もう来るな!」(笑)

と散々の言われようでした。(まあ、半分笑って、半分本気)

未だに呑み会でも「弄られ」続けてます。

前記時にも書きましたが「熊は狙っては獲らない」が、「出たら外せない」獲物です。

なぜなら10年近く(たぶん今後も)も、呑み会の度に弄られることになると確定しているからです。

熊檻

熊罠

今年は各地で熊の出没が多く認められる。また、実際に亡くなる等の人的被害も発生している。

なんでもドングリが豊作だった秋の翌年は小熊が多く生まれ、絶対数が増えるのだそう。

猟期中、自粛規制もあるので偶然の遭遇以外は我々も狙って追う「獲物」とはしていない。

我々の地区に於いても毎年の様に熊を見た!とかトウモロコシ畑を熊に荒らされた等の話が出る。

8月に入り、ちょうど今からの時期に目撃や畑の被害が報告される。

「報告が入る」と猟友会に熊檻設置の指示が役場から入り、画像のような「熊用捕獲檻」を設置に行く。

昨年、一昨年、更にその前の年に設置しましたが、未だに掛かったことはありません。

画像はいつも訪れる射撃場で販売されている「檻」です。金額はと言うと…¥69,800なり。

「どうです!奥さん!7万を切って¥69,800だよ~!!」って感じの金額設定。

射撃場のおばちゃんに「売れてるの?」って聞いたところ、行政がまとめて買って、猟友会に託している。のだそう。

そりゃそうでしょうね~。なかなか「個人的」に買わないよな~。

正直、「出没しないで~」というのが本音です。

なぜなら掛かったら掛かったで獣医先生を遠方から呼び、麻酔銃で眠らせ身長体重を測定し、タグを付けて山中に放獣。

不思議に思う方もいるかと思いますが「熊」は駆除対象外獣です。畑被害等があり行政指示で「檻」を設置し、掛けたとしても
掛かった熊を銃器等で仕留めることは出来ないのです。

ただ冒頭に書いたように深刻な人的被害があり、行政及び警察の指示があった場合は別です。

獣医先生を呼び放獣するその費用は…「掛けた側持ち!!」。まあ行政指示の場合、行政から支払われるのだが。

なので「熊さんは、出来れば出没しないで~」という個人的な思いです。

年に一度の海釣り

アジとカサゴとキジハタ

いつも「調理済画像」ですみません。

恒例の(ここ2年だけですが・・)年に一度の海釣りに行ってまいりました。

昨年は日帰りで酷い思い(日没まで釣りして帰宅・下処理終了が夜中)をしたので今回は前日夜移動・午前中引き上げ予定。

久々の車中拍&4時起床・コンビニで朝食を取り、スタートフィッシングはAM5:00。

まずは毎度の様にのべ竿で餌釣り開始・マメ鯵とまあまあの鯖があっという間に釣れた。

まあまあの鯖は内臓を抜き、氷締めにしてクーラーへ投入(画像は無いですが梅干し煮にして頂きました)

底狙いのリール仕掛けに換え、マメ鯵を餌に海底まで落とし、ヘチ際を丹念に移動しながらアタリを待つ。

来た来た~!まずは本命の「キジハタ」!!そして「カサゴ」!また「キジハタ」!!

そして、今回最大の引きが!!上がってきたのは40cm弱の「キジハタ」だ!!

「こりゃ刺身サイズだな~!!」と喜んでいたが、あと数十センチ巻き上げればゲットというところで痛恨のブレイク。

「ぼちょん」と逃げて行きました(涙)。

その後「ぱったり」とアタリが止まり場所移動・移動先でもアタリが出なくAM11:00にストップフィッシング。

ゆっくり下道を使って自宅へ・途中何本か本流を通過・しかし今回は「川仕掛け」は積んでいない。

午前中に終わるのであれば「本流釣り」支度もしとけばよかったわ。

画像左は余った餌用マメ鯵と右はカサゴのから揚げです。残った分は玉ねぎと酢をタッパーに放り込み「マリネ」に。

美味しくいただきました。次回の釣りは久々「鮎の友釣り」予定。(書かないと行かないので・・)
プロフィール

リーマンハンター

Author:リーマンハンター
こんにちは。「リーマンハンター」と申します。三度の飯より「夜のネオン好き♪」な都会生活から一転、田舎での生活に。どうせなら子供の頃から憧れていた「ハンターになろう!」と決意。銃砲初所持頃からの思い出や現在の「ドタバタハンターぶり」とつづります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。