FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グループ猟3

鹿1223

集合人数が少ない、、犬無しで総勢5名。自動的に小さい範囲を人勢子でやることに。

自分含めて3名が「立つ」に入り、下方から2名が追い上げることに。

開始早々、自分の南尾根を4頭の鹿が!最後尾はデカイ雄だ!距離は150m程。射程外だが一応撃ってみた!
「撃ってみた」だけだった!(爆)4頭の鹿はダッシュで尾根を越えて南に消え去った。矢先を確認したがもちろん
中ってません。

暫くすると一番北側の立つより無線連絡「南に2頭行ったぞ!」。さて!来るか!と待ち構えていると、そのお隣
から発砲音と同時に自分目掛けてデカイ雌鹿がダッシュで向かってきた。どんどん近付いてくる。
「いただきまーす!」と銃を構えるや否や雌鹿は「コテン」と潰れた。(はて?)

無線連絡「さっきの中ってますよ~。俺の真ん前で潰れましたよ~」(なにも真ん前でなくても)

といこうとで第一ラウンドは雌鹿ちゃん1頭で終了。終了間際に親方と先輩の併せて2名が合流。7名にて第2ラウンド。
犬を放ち開始。開始まもなく犬の鳴きが入った。自分とは逆の北側へ向かっている感じだ。
「こりゃ暫くは回ってこないかな~」などと安心していると、北側の尾根からひょこっと鹿が顔を出した。

「デ・・デカイ雄だ!!」

但し距離はまだ200m以上は離れている。なるべく気付かれないよう身動きせず、目だけで獲物を睨む。
少しずつ少しずつ近付いては来るがそれでも100m程。だがこれ以上睨んでいては東側の藪に入られてしまう。
丁度松の木の枝がレストに使える。スコープの倍率を6倍に上げ、銃をゆっく乗せ枝ごと左手で固定。
頭を真直ぐ下げ頬付けし、十字を鹿の心臓若干高めに合わせ発砲!

「手ごたえあり!!」

100m程下ったがドスンと潰れた。(自分の隣の立つの真ん前で)笑)その後、北でも雄と雌鹿が2頭掛かったようだ。犬も捕獲し終了の無線。早速獲物確認。

「で、、デカイよこの子~」*「グループ猟2」の画像と比べて下さい。
ばっちり狙った場所に着弾している。ここなら間違いなく潰れる場所だ!

とても一人では無理なのでお隣の先輩を無線で応援要請。2名でもひいこらひいこら。やっとのことで車に到着。
角長62センチ・1段目の角が特に長い!久々の60センチ越え!

一緒に引いてもらった先輩。「ちっくしょー!俺の目の前で倒れやがって~」(午前中自分も同じ思いしましたよん)笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リーマンハンター

Author:リーマンハンター
こんにちは。「リーマンハンター」と申します。三度の飯より「夜のネオン好き♪」な都会生活から一転、田舎での生活に。どうせなら子供の頃から憧れていた「ハンターになろう!」と決意。銃砲初所持頃からの思い出や現在の「ドタバタハンターぶり」とつづります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。