FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊檻

熊罠

今年は各地で熊の出没が多く認められる。また、実際に亡くなる等の人的被害も発生している。

なんでもドングリが豊作だった秋の翌年は小熊が多く生まれ、絶対数が増えるのだそう。

猟期中、自粛規制もあるので偶然の遭遇以外は我々も狙って追う「獲物」とはしていない。

我々の地区に於いても毎年の様に熊を見た!とかトウモロコシ畑を熊に荒らされた等の話が出る。

8月に入り、ちょうど今からの時期に目撃や畑の被害が報告される。

「報告が入る」と猟友会に熊檻設置の指示が役場から入り、画像のような「熊用捕獲檻」を設置に行く。

昨年、一昨年、更にその前の年に設置しましたが、未だに掛かったことはありません。

画像はいつも訪れる射撃場で販売されている「檻」です。金額はと言うと…¥69,800なり。

「どうです!奥さん!7万を切って¥69,800だよ~!!」って感じの金額設定。

射撃場のおばちゃんに「売れてるの?」って聞いたところ、行政がまとめて買って、猟友会に託している。のだそう。

そりゃそうでしょうね~。なかなか「個人的」に買わないよな~。

正直、「出没しないで~」というのが本音です。

なぜなら掛かったら掛かったで獣医先生を遠方から呼び、麻酔銃で眠らせ身長体重を測定し、タグを付けて山中に放獣。

不思議に思う方もいるかと思いますが「熊」は駆除対象外獣です。畑被害等があり行政指示で「檻」を設置し、掛けたとしても
掛かった熊を銃器等で仕留めることは出来ないのです。

ただ冒頭に書いたように深刻な人的被害があり、行政及び警察の指示があった場合は別です。

獣医先生を呼び放獣するその費用は…「掛けた側持ち!!」。まあ行政指示の場合、行政から支払われるのだが。

なので「熊さんは、出来れば出没しないで~」という個人的な思いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リーマンハンター

Author:リーマンハンター
こんにちは。「リーマンハンター」と申します。三度の飯より「夜のネオン好き♪」な都会生活から一転、田舎での生活に。どうせなら子供の頃から憧れていた「ハンターになろう!」と決意。銃砲初所持頃からの思い出や現在の「ドタバタハンターぶり」とつづります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。